費用と技術の高さ

インプラントは30万〜40万円かかります。

インプラントの場合、保険適用外の歯科が多いのが現状で、実際2011年におけるインプラントにかかった平均的な価格は32万5000円だったという結果も出ている程です。 実際、インプラントで使う歯の平均的な価格も30〜40万円程となっています(検査・診察費もふくむ)。勿論中には実際の1/3〜1/4程の値段で受けられる格安インプラント処置を行っている歯科もあります。しかし、格安のインプラントの場合、後々に歯が外れるなどの不具合が生じるケースも少なくないのも事実です。したがって、値段だけで安易にインプラント治療を決めるのは危険だと言えます。

手間がかかるが故に高額なのです。

インプラントはほかの保険適用の処置と比べ、時間やコストがかかるという理由から保険が利かないようになっています。 また、インプラントは被せ物(だいたい10万円程)という処置の3本分以上の機能を果たすということから、値段が30万円以上かかる歯科が多いのです。 以上のように、インプラントは費用面における負担が非常に大きいため、高額医療費制度(所得区分もありますが、社会保険や医療保険等を差し引いた自己負担額が一定の額を超えた場合、その差額が還付されます)や医療控除(世帯で年間10万円以上医療費がかかった場合、税金の一部が還付されます)等を利用して、少しでも費用面における負担を減らす工夫が必要だと言えます。