痛くない

歯科が嫌いになる理由

でも、なぜ歯科に行くと痛い思いをするのでしょう。その原因は虫歯や歯槽膿漏で歯茎が腫れて歯をドリルで削ったり、歯茎の膿を出すためにメスで切られたりするためです。 時には歯茎に注射もされますし、神経を抜かれることもありますので、本当に悶絶するほどの痛みを味わうことがあります。 でもそれって結局自分自身がそこまで歯を悪くなるまで放置していたせいでもあるのです。 だから結局痛い思いをして、高い治療費を払わなければいけなくなるのです。 逆に歯科が嫌いではない人もいるのも事実です。そんな人は痛い思いもしないで、総高くない治療費ですんでいるのです。その違いは何でしょうか。

痛くない治療もあるのです

実は歯科が好きな人は定期的に検査とメンテナンスをするために歯科に行く人です。 検査だけですから、歯を削られることもなく痛むことはありません。またメンテナンスで歯石や歯垢の除去をしてもらっていると、心地よい気分になることもあります。 特に普段なかなかとる事が出来ない歯石を取ってもらった後は、歯自体が軽い気分になり、とてもリフレッシュします。 また検査の結果たまたま虫歯が見つかったとしても、早期発見の場合が多いですから、たいがいの場合簡単な治療ですみます。その結果かかる費用もかなり安い費用ですむと言うことになります。 出来れば3ヶ月に1度程度の定期検診を歯科で受けていると、だんだんと歯科に通うことも好きになると思います。