見た目と健康

審美歯科とはどんなことをするのでしょう

今は歯科を見た目の美しさにおいて利用する人も増えています。そのため、歯を美しくするための施術を提供している人も増加してきているのです。審美歯科での治療は、主に歯を白く美しくすることを目的としています。歯を美しくするために歯列矯正も行いますが、矯正歯科の治療とは異なった治療を行います。例えば、矯正歯科が金属などの矯正器具を歯に装着し、歯並びを改善させるのに対し、審美歯科治療は、歯を小さく削り、そこにセラミッククラウンという人工の歯をかぶせ、歯並びをきれいにするのです。 短期間で、白く美しい歯にすることができるので、女性に人気が集まっています。

歯並びは見た目だけの問題ではありません

歯を白く美しくするのは見た目の問題だけではありません。歯並びが悪ければ、体のあちこちに不調が表れます。それが頭痛や肩こり、腹痛などを引き起こす原因にもなることをご存じでしょうか。 それは、歯並びが悪いことによりかみ合わせも悪くなってしまうからです。人間の体はとてもデリケートで、ちょっとしたトラブルが、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。 今後はますます歯の美しさに磨きをかける人が増えていくでしょう。歯もおしゃれをする時代になりつつあるのです。「もっと歯をきれいに、もっと歯を白く。」と欲望はさらに大きくなるに違いありません。 いずれはネイルアートのように、歯にアートを施す時代がやってくるかもしれないのです。