内容の違いを認識

口腔外科でしている治療には何があるか

口腔外科と歯科ではどう違うの、と感じられる方も多いだろうと思います。 口腔外科はその名の通り口腔内の外科的治療を主に扱っている分野です。要は、歯だけではなく顎、ことに骨に関わって来る治療ということになるでしょう。 例えばインプラントは骨に直接埋め込むという治療法なので、当然口腔外科的知識が必要とされます。ですからインプラントを入れる場合はその歯科医院に口腔外科的知識があるかどうか、確認してみた方がいいでしょう。歯科医院のサイトを見れば、その辺りはしっかりと書かれているはずです。 歯だけではなく、その土台にも気を配りたいものです。

抜歯はどちらでしたらいいか

抜歯も口腔外科の守備範囲というが、近所の歯医者で抜いたけれど全く問題なかったけど、と感じられるかもしれません。むろん歯科医は十分に抜歯する技術を持っています。しかし、中にはぜひとも口腔外科に行った方がいい抜歯があるのです。 抜歯の中でも特に難しいのは親不知です。と言いましても親不知全てに問題があるわけではありません。生え方が問題なのです。例えば横になって生えていたり、歯肉に埋まりこんでいたりする場合です。最も難しいのは骨の奥に入り込んでしまっている場合で、こうなると抜歯と言うよりもはや外科手術です。こうした場合には歯科ではなく口腔外科で抜歯することをお勧めします。 口腔外科で抜歯する場合はまずはかかりつけの歯科医院に行き、相談の上紹介状を書いてもらいましょう。 歯科と口腔外科、どちらも適切に利用して、健康な歯を守りましょう。